*

育毛にはタンパク質が必要

髪はケラチンというタンパク質の一種でできています。
いくら育毛剤を使って発毛を促進しても、髪の原料になるものがなければ育毛は望めません。
育毛剤を使うだけでなく、食事を見直してみましょう。
タンパク質が多い食品は、肉・魚・卵・乳製品・大豆です。
欧米型の食事が浸透して肉類を多く食べるようになりました。
肉には飽和脂肪酸が多く含まれていて、過剰に摂取すると皮脂分泌を促して毛穴をつまらせます。
毛穴がつまると髪が抜けやすくなったり、育毛剤の成分が浸透しにくくなります。
肉ばかりでなく、魚や大豆などからもタンパク質を摂取しましょう。
髪を育てるのに十分なタンパク質を摂取するためには、1日3回の食事で毎回摂る必要があります。
朝はお腹が空かない、時間がないといった理由で朝食抜きをする人がいます。
時間がないときやお腹が空かないときでも、ヨーグルトや豆乳なら口にできると思います。
何か少しでもタンパク質を摂取しましょう。
髪の材料を補って髪が生えやすい環境を整えてあげれば、薄毛の悩みは解消します。

M字ハゲに効く 育毛剤 薬用プランテル 効果